軽度の自閉症の恋愛

軽度の自閉症の恋愛

軽度の自閉症の恋愛

軽度の自閉症は恋愛をすることができるのか

自閉症と言っても、程度やその症状はひとそれぞれ違います。自閉症の軽度の方であれば、幼い頃から療育を受けていれば、多くの人は、身の回りの事はできるようになると言われています。

 

身の回りのこと以外の問題は、「社会性」についてです。変化に敏感な自閉症の人たちは、軽度の方であっても、「いつもと違う」、「今日は特別」ということが苦手なのです。職業も単純な仕事を得意とする傾向があり、全てが当り前のようにできるというわけではありません。恋愛においても、多くの事を求められてもそれにこたえることが難しく、変化を好まない傾向にあります。

 

軽度の自閉症の恋愛

高機能自閉症のように知的障害を伴わない自閉症の場合、一見普通の恋愛ができそうに感じるかもしれませんが、デートは外出を好まず家で映画を見ることやゆっくり過ごすことを好む傾向があるようです。

 

特別な日にはカップルで旅行をすることや、出かけることを楽しみにする人も多いのかもしれませんが、自閉症の方にとって知らない場所に行くことや人ごみに出かけることは苦痛である場合が多いと言われています。お付き合いしている相手が、軽度の自閉症であっても、相手のことを気遣ってあげることが必要です。

 

軽度の自閉症の方が相手に恋愛感情を抱くことは少なくありませんが、相手の気持ちを理解することが苦手なため、「自分が相手を好きであれば、相手も自分のことを好き」だと思うことや、自分がやりたいことは、相手も同じだと思うことも少なくありません。

 

また、その状況に適した振る舞いができないと同時に、その場に相応しい服装ができるとも限りません。そのようなことが原因で恋愛して、彼氏、彼女ができても長く続かないことも多いようです。

スポンサーリンク