軽度自閉症の習い事

軽度自閉症の習い事

軽度自閉症の習い事

習い事で自閉症の症状を改善

自閉症の子供を抱える家族は「どうしたら症状が改善されるのか」、「どうした普通の子供と変わらない生活ができるのか」等とさまざまなことを思うでしょう。「自閉症に良い」と言われると、足を運んで行くことや、良い先生がいると知れば出向くこともあるでしょう。また、習い事を試してみる家庭もあるでしょう。

 

療育に通われている方であれば、作業訓練を通して、子供の好きなことがなんとなくわかってくることもあると思いますが、本人の興味があることをするのが一番長く続き、無理なくできるのでパニックに陥ることもなくて済むのではないかと思います。軽度の自閉症の子供の場合、スイミングや体操クラブに入っている子供の話を良く聞きますが、本人に、興味があればできなくても長く続けられることができます。

 

習い事の目的

軽度の自閉症の子供に何か新しいことを始めさせようとする保護者は、多いそうですが、その目的をはっきりさせることが大切です。

 

例えば、スイミングや習字を習いにいくのであれば、その目的は、泳げるようになることなのか、若しくは字が綺麗に書けるように始めるのか、それとも、1つの目標に向かって努力する忍耐力を身につけたいのかというような習い事を始める目的をはっきりさせて、担当者の方とも事前に話し合うことが大切です。

 

軽度の自閉症と言っても、子供同士では少しのことでトラブルになりがちなので、保護者の見守りが必要なのか、それとも習い事先でサポート体制を整えるのかということも事前に決めることが大切です。

 

何か1つ、得意なことができるとまた、自信にも繋がると思いますが、本人の意思を最大限に尊重して行うことが必要です。また、できた時は、しっかり褒めることやできなくても次に繋がるように声かけ等を繰り返して行くことで成長にも繋がるのではないかと思います。

スポンサーリンク