軽度の自閉症の子供の療育

軽度の自閉症の子供の療育

軽度の自閉症の子供の療育

軽度の自閉症の子供の学校での療育

現在、自閉症の軽度の子供は多くの場合、小学校では普通学級に属しています。社会性に多少の問題はあっても、保護者の希望で普通学級にて学校ヘルパーがついて見守りが行われるケースが多くあり、集団の中での不自由さ自覚し、対処できるように働きかけます。

 

また、小学校によっては特別支援学級が設置されており、軽度の自閉症でも集団生活が難しい子供や、心理的なサポートが必要な子供、その他の障害を抱えている子供を対象に療育を行う学級が設けられています。

 

「自閉症」というと、以前は、障害者「施設」や特別な「施設」に通うことが当たり前のように感じられましたが、現在は集団生活に馴染めるような取り組みが小学校から行われています。周囲の子供たちに馴染めるのかという問題や、他の子供たちの授業に支障を与えないか等の問題もあるのは事実ですが、ヘルパーを設置し、そのようなことがないように徐々に改善されています。

 

学校での療育と支援センターでの療育

自閉症の子供たちは、学校でも特別な教育を受けますが、支援センター等に通い、心理的なケアや社会適応訓練等を行うこともあります。学校と支援センター、保護者と連携してできないことをできるようにすることや、または、具体的にどのようなことで困っているのかを把握し、調整していくことが大切です。

 

学校においては、他の子供と同じ教材が使われることもありますが、場合によっては特別な教材を用いて学習することもあります。

 

短期目標、中期目標、長期目標とプログラムを形成し、実践していき、効果を図ることも大切です。また、効果が出なかったことに対しては方法を変えて実践していくことも必用になります。

スポンサーリンク