軽度自閉症に必要な訓練

軽度自閉症に必要な訓練

軽度自閉症に必要な訓練

軽度自閉症に必要な訓練

軽度の自閉症の場合、言葉の遅れを伴わないこともあります。また、知的障害もともなわないこともあります。実際には、言葉も知能も健常者と同じだということです。「健常者と同じなのに、何の訓練が必要なの?」と思う方も少なくないでしょうが、社会性が乏しいのも自閉症の特徴であり、その、社会性を身につけることが必要になります。

 

例えば、公共の場での振る舞いや適切な言葉遣いは、誕生して年齢を積み重ねていくとある程度は自然とできるようになっていくものですが、自閉症の場合、軽度の方であってもこの社会性に問題が生じるのです。その、社会性を身につけるために必要な訓練を以下で紹介していきます。

 

軽度の自閉症に必要な社会性の訓練

社会性を身につけるためには、自分がどのような場所にいるのかをしっかり把握しなければなりません。自分の家にいるのであれば、自由に過ごして良いのですが、例えば、図書館に行くのであれば、基本的なマナーは「静かに」「座って」本を読むということです。

 

しかし、そのようなことが把握できなければ本を広げて寝転がって読んでしまう可能性があるのも自閉症と呼ばれる障害です。また、バスや公共の乗り物に乗る時は、「静かに」、「他人の迷惑にならないように」ということが鉄則ですが、歌を歌いながらバスに乗っているということもあり得るのです。

 

自閉症は軽度であってもこのように社会性の問題が大きく、公共の場や集団生活で必要な振る舞いを身につけるために、社会適応訓練や認知行動療法、作業療法というようなものになります。特に、社会適応訓練や認知行動療法は、誤った行動パターンを正しい行動ができるように導く訓練であり、できないこと1つ1つに対して行っていきます。

 

そのため、時間はかかりますが、1つ1つ訓練することで、できることを増やしていくことで、社会生活に支障を少なくすることができます。

スポンサーリンク