大人の軽度の自閉症

大人の軽度の自閉症

大人の軽度の自閉症

大人の軽度の自閉症とは

自閉症の人は年々増加傾向にあると言われています。昔は、自閉症の人なんてほとんどいなかったというほど、珍しい障害でした。しかし、自閉症の子供そのものが増えたのは事実ですが、それと同時に、自閉症の基準が拡大されたことでも「自閉症」と呼ばれる人たちは増えたと言われています。

 

また、その自閉症と診断された子供たちが成人になると、自閉症の大人も増えることになります。また、高機能自閉症やアスペルガー障害という障害は比較的新しい障害であり、成人を迎えた人たちの中には、自閉症の診断を受けずに大人になった方も少なくありません。

 

現在、自閉症やその他の発達障害についてはさまざまな取り組みが行われており、早期発見の必要性を示唆しています。大人の自閉症であっても、わかった時から適応訓練を取り入れることで、より生活の質を向上することができます。

 

大人の軽度の自閉症の特徴

高機能自閉症やアスペルガー障害と言われる人たちは、その診断を受けずに社会生活を送っている可能性が少なくないと上述しましたが、そのような人たちは、少し、周囲の人たちと違う特徴があるかと思います。

 

例えば、会話をしていても、話が噛み合わないことや、質問と違う答えが返ってくる等が典型的な例であり、働いていても重要な時に失敗を繰り返すことや、言われたことをその通りにできないことも少なくありません。しかし、本人が自閉症だということに気が付いておらず、自分は人と同じようにできないということで悩んでいる可能性もあります。

 

一緒に働いている人にそのような特徴がある場合、本人を批判せずにその人の特性を活かすことのできる仕事を提供する等配慮が必要になります。産業カウンセラーが居られる職場では相談するのも良いかもしれません。

スポンサーリンク