高機能自閉症とIQ(知能指数)

高機能自閉症とIQ(知能指数)

高機能自閉症とIQ(知能指数)

高機能自閉症はIQに問題がない

高機能自閉症やアスペルガー症候群と呼ばれる人たちは、知的障害がなく、IQは85以上を満たしており健常者と同等の知的レベルを持ちます。しかし、IQ70以上85未満はグレーゾーンと呼ばれており、高機能自閉症という断定し難いラインも存在します。

 

高機能自閉症と呼ばれる人たちはIQに問題がないのに、発達障害に分類される理由は、社会生活において障害が生じる可能性が高いということです。「個性的」という言葉で片付けられれば良いのかもしれませんが、そう簡単な問題ではありません。

 

近年、増加傾向にある高機能自閉症の人の中には、IQが極めて高い人や、人よりも並はずれた才能を持つサヴァン症候群と呼ばれる人たちも存在します。

 

サヴァン症候群の特徴を例にすると、歴史に関しての知識が物凄く優れており、年号を言えば、その時に何があったのかを覚えていることや、カレンダーを見なくても未来の日付を言えば、その日が何曜日だかわかるとういような人も存在します。そのため、高機能自閉症と天才は紙一重だと言う専門家もおられます。

 

自閉症と才能

 

高機能自閉症の特徴と症状

高機能自閉症は今では、学校にクラスに1人か2人はいると言われています。そのような子供たちの特徴は、落ち着きがなく授業に集中できていないことがあることや、先生の言う質問に対して、的外れな回答を述べることがあります。

 

また、高機能自閉症と多動が合併している人も少なくなく、落ち着きがなく、授業中イライラしている等の症状や教室の外に出る等の行為がみられます。特に、環境の変化に敏感であるという特徴を持ち、できるだけ馴れた環境で対応することが大切です。症状に対しての対応は、叱るよりも、その子を理解しゆっくり長い目で支えることが必要です。

 

最近では教育現場に学校ヘルパーが見守りを行い、授業の妨げにならないように対応されています。

スポンサーリンク