自閉症の早期発見・早期療養とその課題とは

自閉症の早期発見・早期療養とその課題とは

自閉症の早期発見・早期療養とその課題とは

自閉症の早期発見と早期療養をすすめる理由

自閉症は先天性の病気であることで知られていますが、最近では乳幼児期の早期発見に力をいれています。自閉症の特徴である、コミュニケーションの障害や社会性が乏しいこと、執着心が強いことは社会生活へ支障をきたします。これらの症状を早期療養することによって緩和することができます。

 

幼いころから療養を始めるのには、理由があります。自閉症の子供の社会性や適応能力や社会性は実年齢の能力は乏しく、療養を行うことで1つ1つ学んでいきます。しかし、その療養が遅れることは、実年齢の能力からまた更なる遅れが生じてしまうことが懸念されます。そのため、早い段階で療養する必要があるのです。

 

また、自閉症の子は言葉の遅れがみられることも少なくなく、言語的コミュニケーションが難しい場合があります。言葉の発達が遅れている子供を育てる家族は、家庭内においてもコミュニケーション方法に戸惑ってしまいます。子供との意思疎通がうまくいかないことでイライラすることや、落ち込むことも少なくありません。

 

そのような家庭が、子供とのコミュニケーション方法を学び、積極的に関わり合いが持てるような支援も必要になります。言語能力の乏しい子供に対しては絵カードやジェスチャーを用いての関わり等を親子ともに学ぶ必要があります。

 

自閉症児の療育

 

早期発見と早期療養の課題

早期発見と、早期治療が勧められる中、発達障害は疑わしい子供が居ても、診断に時間がかかるため、療養を始めるまでに月日が経ってしまいます。はっきりとした診断が下されるまでの間も、待っている家族は、不安に過ごしています。

 

今後の課題として、診断が下される前であっても、自閉症のような発達障害が疑われる子供に対しての対応を検討する必要があります。

スポンサーリンク