自閉症児の幼稚園選び

自閉症児の幼稚園選び

自閉症児の幼稚園選び

自閉症を対応してくれる幼稚園

自閉症の子供も幼稚園に入学して集団生活を送ることも可能です。障害を抱えているということで集団生活に支障をきたすことも考えられますが、集団生活で得られることを習得するには良い機会です。

 

しかし、幼稚園という集団の中に突然入るとパニックを起こすことや本人の負担になることも懸念される為、最初は療育センターに相談し、小集団から馴れるようにトレーニングすることが必要です。

 

幼稚園での集団生活では、支援員が対応してくれる所もあるので、できるだけ個別対応に応じてくれる園を選ぶことをお薦めします。個別に支援員を養成する場合には、手続きが必要になるので事前に申し込みが必要です。

 

また、幼稚園によっては自閉症や他の障害を抱える子供を断るケースも少なくありません。重度の自閉症の子供や保育士の人数配置の問題もあり、断られるケースもあります。

 

また、障害児を受け入れた実績のない幼稚園では、保護者の理解や自閉症の子供に対しての教育面でのサポート体制が整っていないこともあるので幼稚園を選ぶ際には気になることや教育方針、自閉症の子供への関わり方、支援の仕方などはしっかり確認することが大切です。

 

幼稚園と保護者との連携

幼稚園を選ぶのも大変ですが、幼稚園と保護者と情報交換を行い、子供の日常の様子等をしっかり把握することが大切です。変わったことがあればその都度対応できるように連携することが求められます。

 

また、教育についても自宅と幼稚園でのズレがない方が子供は戸惑うことなく育つでしょう。特に、自閉症を抱える子供は、適応能力が乏しい為、統一した指導を行う必要があります。その為にも先生と家族とのコミュニケーションや信頼関係は必要不可欠になります。

スポンサーリンク