教師の自閉症児への対応

教師の自閉症児への対応

教師の自閉症児への対応

自閉症児の学校生活での教師の対応

自閉症の子供が普通の小学校でクラスの一員として学校生活を営むことは少なくありません。特に、高機能自閉症やアスペルガー障害の児童はクラスにて生活しています。従来は教師が1人で授業をすることが当たり前でしたが、現在では多くの小中学校では支援員を導入して発達障害の児童に対応しています。

 

授業中の対応

授業中は、教師1人が前に立って授業をしますが、支援員が後ろに立って見守りを行います。落ち着きがない時や、従業の内容が分かりにくい場合等は側に行き声かけを行います。授業の内容ができないということよりも、その場の雰囲気を壊さないように対応していきます。

 

また、落ち着かず席を離れてしまう児童に対しては、付き添いを行い安全面に配慮して教室から出ます。何か、気になることを思い出したり、自分の気持ちが乗らなかったりすると、教室から抜け出すことも少なくありませんが、無理やり引き戻すのではなく、本人の話を聞くことや、何故教室から出たのか、何をしたいのか、本人の気持ちに寄り添ってあげることが大切です。

 

保護者や他の児童への配慮

自閉症を抱える子供がクラスにいることで生じるトラブルも少なくありません。授業を中断することを懸念される保護者や暴力的になることがないかという心配される保護者もおられます。そのような、保護者の不安を解消していくことも教師の役割です。

 

自閉症の児童の対応だけでなく、他の保護者との調和を図ることで、安心した学校生活を送ることができます。保護者にとって、自分の子供を預けている以上さまざまな要望や意見を抱えています。自閉症や発達障害の児童の対応についても学校や教育委員会が導入する自立支援教育については、根拠や意図等のしっかりとした説明責任を果たすことが求められます。

スポンサーリンク