自閉症の人への接し方

自閉症の人への接し方

自閉症の人への接し方

自閉症の人と接するには

自閉症の人と接する時、どう接したら良いのかわからないという方も少なくないと思います。

 

「自閉症」だと聞くと、引きこもりがちで内向的だというイメージを持っている方もおられますが、関わってみるとイメージが180度変わるかもしれません。自閉症だから、コミュニケーションが取れないというわけではありませんが、わかりやすい言葉で話さないと理解出来ないということや、長い文章は解読できてないということもあります。

 

自閉症を抱える方の接し方は、要件は簡潔にすることが必要であり、物事の段取りや手順は説明しても理解するには難しい傾向があります。そのため、手順が必要な時は紙にわかりやすく書くことや、絵にすることで理解を促すことができます。

 

自閉症の方との接し方は沢山のマニュアルがあるかと思いますが、何よりも相手を尊重し理解したいという気持ちが最も大切なことだと思います。

 

自閉症とコミュニケーション

軽度の自閉症の方であれば、コミュニケーション能力もそれほど遅れははいと思いますが、重度の自閉症や子供の自閉症に関しては、関わりが難しいと言われています。

 

相手が何を言っているのかわからず、パニックになってしまうことや、奇声をあげたりされることも少なくありません。最初は、「はい」若しくは「いいえ」で答えられるような質問や、簡単な会話から入っていくことで心を開いてくれるかもしれません。

 

子供同士、遊びを通じて会話をしなければならない機会も増えてくるでしょうが、本人が上手く意思表示できるように、近くでサポートすることも必要ですが、その際にあまりにも過剰な手助けは言葉の発達の妨げになるので適度な距離を保ち見守ることが必要です。

 

しかし、他の子供と接している時に、トラブルが起こり得る可能性もあるので気をつけて見ておきたいところです。また、子供同士であり、傷つくような事を言われて落ち込むこむ時や、劣等感を感じている時等は、サポートしていくことが大切です。

スポンサーリンク