自閉症の支援

自閉症の支援

自閉症の支援

自閉症を抱える人への支援

自閉症を抱える当事者への支援は、年齢や障害の程度、症状によっても異なりますが、何よりも、本人にわかりやすい方法で支援を行っていきます。自閉症の方への支援は「刷り込み式」という方法で行うことが多く、その場に相応しい行動を身につける為に取り入れられています。

 

特に、支援では褒めることが中心となり、正しい行動ができた時に褒めることで伸びていきます。褒められて、「嬉しい」「気持ちが良い」「できた」という喜びは、成功体験として残り、身体で覚えていきます。

 

自閉症の子供に関わらず、支援で最も大切なことは「待つこと」「焦らないこと」です。支援者がせかせかしていると、落ち着くことができずパニックを起こしてしまいます。気持ちに余裕を持つこと、焦らず気長に進めていくことが大切です。

 

自閉症家族への支援

自閉症という障害は当人だけではなく、家族もその問題に向き合っていかなければなりません。自閉症の方を抱える家族は、相談したくても相談できなかったり、共感を得られ場所がなかったりという悩みを抱えておられる方も少なくありません。

 

自閉症を抱える家族の方も、悩みを共感することや、メンタル面のケアを受けることも必要になります。家族だけで解決できないことを、専門機関に相談することも大切ですが、家族会に参加して、他の家族の悩みを聞いて共感したり、困った時の対処方法を学んだり、同じ障害を抱えて生活している人にしかわからないことも沢山あります。

 

また、自分自身の悩みや成功した体験等を話すことで、不安の解消や自信にも繋がっていきます。他人に話すときは、特別な悩みかもしれませんが、自閉症の家族会ならでは、当たり前の話だということも少なくありません。身近に参加できる機会があると積極的に出向くと良いと思います。

スポンサーリンク