自閉症 遺伝 原因

自閉症の遺伝との関係

自閉症の遺伝との関係

遺伝子による影響

以前は、両親の育て方が悪いから或いは、母親の愛情が足りないから自閉症の子供が育つとまで言われていましたが、その原因は先天性の原因であることが明確になりました。

 

その原因の1つに遺伝子との関係が少なくても関わっているということがわかっています。遺伝的要因が示唆される論文は、多く出版されていますが、複数の遺伝子が重なりあって自閉症が発症するという程度の研究であり、それ以上の細かな研究結果は出ていないのが現状です。

 

遺伝子による自閉症発症率

同じ日に同じ母親から生まれた双子の研究でも一方は自閉症、もう一方は健常者の子供も少なくありません。同じ遺伝子を持っているからと言って発症する可能性は極めて低いようです。また、親が自閉症である家計や兄弟に自閉症を持つ子供が居ても他の兄弟は発症しないのがほとんどです。これらのことから、遺伝子の変異によって発症することはあっても、遺伝する確率は極めて低いようです。

 

自閉症が遺伝する確率

 

増加する自閉症患者

自閉症の原因として考えられているのは、遺伝子の変異とタンパク質の影響も考えられています。タンパク質の影響についても遺伝子の研究についてもまだまだ未解明の部分が多いのが現状です。

 

しかし、どうしてここ最近では自閉症が増加しているのか。

 

それは、自閉症患者そのものが増えたと考えるよりも、「自閉症の定義」が広まったということも要因の1つだと言われています。発達障害という定義ができたことにより「発達障害」が障害としてみなされたように、自閉症も高機能自閉症やアスペルガー症候群等の子供たちを自閉症スペクトラムとして捉えるようになったのも増加の背景にあるのではないかと考えられています。

スポンサーリンク