自閉症 特徴 症状

自閉症の育児

自閉症の育児

自閉症の子供の育児

自閉症の子供を持つ家族は、育児について普通の子供を持つ家族とはまた違う辛さや悩みがあるのではないかと思います。

 

自閉症とわかるまでは、「他の子供と何か違う」「自分の子供だけ遅れている」等と心配があったと思いますが、年齢を重ねるごとにその時期に様々な課題が生じるでしょう。

 

しかし、自閉症という障害を抱えていても、改善できることや成長できること、発達する能力は無限に秘めています。「自閉症だからできない」のではなく、子供とともに1つ1つできることを増やしていくことが大切であり、将来にも繋がっていくことでしょう。

 

自閉症の子供を持つ大変さ

普通の子供を育てるにも、うつ病になる母親や虐待に繋がることだって少なくありません。自閉症の有無に関わらず育児は、楽しいばかりではなく辛いことも沢山あるのです。

 

しかし、自閉症の子供を抱える母親の大変さは、家の中だけではなく、特に外に出かける時には周囲に迷惑のかからないように配慮することや自分の子供がパニックにならないように心掛けることでも大変な思いをしている方も少なくありません。

 

少しのことで、奇声をあげたり、泣き騒いだり、突発的な行動に走ることもあり、気持に余裕がなくなってしまう母親もおられます。そのため、外出を避け自宅から出ないようにする方もおられます。

 

自閉症を持つ子供を育てることは、健常者を育てること以上にやらなければいけないことがあります。できないことを改善するために療育を受けに行くことや、家庭でも1つのことを覚えることに時間がかかったり、興味を示さないとできなかったりと、「自分の子供ばかりできない」「何故、自分の子供が…」と自暴自棄になってしまう母親も少なくありません。

 

自閉症を抱える子供を育てる家庭は、人一倍悩んだり苦しんだりしています。そのため、子供の療育だけではなく、家族全体を支援していく機関や制度の利用、家族会へ参加等、周囲との関わりや共感を得られる機会が必要です。

スポンサーリンク