自閉症 改善 方法

自閉症の改善

自閉症の改善

自閉症は改善できるのか?

これまでは、自閉症は親の育て方で発症するものだと誤解されていた障害ですが、現在では先天性の脳の異常であることがわかっています。しかし、先天性の障害であることから、完全に治すことは難しいと言われています。

 

また、自閉症の症状は1つではなく様々な症状があります。その症状1つ1つについて療育を行い改善していくことが必要になります。自閉症でも、ダウン症や他の発達障害、睡眠障害を併発しているケースは多く、それらについても服薬や療育を行い改善していくことが必要になります。

 

自閉症は完全に治療することは難しいと前述しましたが、早期の治療を行うことで改善できる可能性は非常に高いことが分かっています。

 

自閉症の治療と改善方法

自閉症の治療に効果的な方法である、SST(社会適応訓練=ソーシャルスキルトレーニング)は、できないことや苦手な状況に適応できるようにトレーニングを行います。特に自閉症の問題である「社会性」については、さまざまな状況を仮定して苦手を克服していきます。

 

普通の人なら年齢とともに身についていくようなことが自閉症の人は年齢相当の社会性を自然に身につけることが難しいためにこのような訓練を行っていきます。例えば、静かにしなければならない場でも普通の声量で話してしまうこともあり、ヒソヒソ話すということを身につける事も必要です。また、人の物を借りる時に「貸して下さい」と言うことにも訓練が必要になることもあります。

 

1つ1つは、私たちが何気なくしていることで、自然に身についてきたことであり、一般の人が当たり前だと思っていることですが、自閉症の方にとっては、それが当たり前だという認識がありません。そのため、1つ1つできないことを改善するためのトレーニングを行うことが大切です。

スポンサーリンク