自閉症 多動 対応

自閉症と多動

自閉症と多動

自閉症と多動性障害

自閉症の中には、他の障害を併発している子供も少なくありません。

 

自閉症は発達障害の1つとして分類されていますが、これと同時に学習障害や注意欠陥多動性障害も同時にみられることも少なくありません。自閉症の子供に多く見られる多動性の問題は本人の性格の問題だけではなく、注意欠陥多動性障害の症状として表れている事も考えられます。

 

自閉症とADHD

 

多動性障害の特徴は、落ち着きがなくちょろちょろしていて手を離すと何処に行くのかわからないような状態であり、授業中に座っているかと思うと突然立ち上がり、教室からいなくなってしまうこともあります。

 

特に、自分の興味があるものを目の当たりにすると突然動き出し、危険を伴うケースも少なくありません。例えば、横断歩道の向こう側に何か興味を示すものがあると、車が走っている状況であっても飛び出して行くこともあり、見守りが必要です。

 

何かに夢中になると、周囲が見えなくなってしまうことや、周囲の状況を考えずに動き回ってしまうことで、他人に迷惑をかけることも少なくありません。

 

多動性への対応

多動性への対応は、容易なものではありませんが、訓練を行う必要があります。

 

現在小学校にはその専門のヘルパーが付き添って対応を行っているところもあります。突然、教室からいなくなるので、その度に授業を中断することができないので、基本的にはヘルパーが付き添い安全確保を行います。

 

多動性の子供は、気になることを気が済むまでしないといけません。特に、自閉症の子供はよりこだわりが強く、その傾向が強くでます。その為、本人の納得するまで付き添うことが必要です。本人と約束ごとを作って終わりのタイミングを作ってあげることも大切であり、少しずつルールを覚えて馴れていくことが良いとされています。

スポンサーリンク