自閉症の大人の生活

自閉症の大人の生活

自閉症の大人の生活

自閉症を抱える大人の生活

自閉症を抱えている子供たちは、いつか成人を迎えます。自閉症を抱えながら生活している大人はどのような生活を送っているのか、個々の生活スタイルで異なると思いますが、その多くの人は誰かの支援が必要となり、一部若しくは全面的に誰かに依存して生きています。

 

障害の程度や個人の興味や療育歴によっても、できることは異なりますが、高機能自閉症やアスペルガー障害の方では日常生活を一人で営んでいる方も居られます。しかし、料理や掃除、洗濯等の家事で人と変わった特別な様子が伺えることも少なくありません。

 

例えば、料理は決まったものしか作れず、毎日同じものを食べたり飲んだりする方もおられます。また、掃除も決まった手順を踏まないといけないというこだわりがあり、同時に何かをすることや、掃除の合間に来客があっても対応できないこともあります。家のことに一生懸命になりすぎて、学校や仕事、約束に遅刻したり、すっぽかしたりすることもあり周囲から誤解を招くこともあります。

 

自閉症の大人への理解

自閉症を抱える大人が、社会で生活していく上で様々な困難さが生じます。自閉症と言う障害は、人間関係の形成が難しいことや、コミュニケーション能力が乏しいことから、自分自身が何かで悩んでいても相談する相手や信頼できる人がいないということも少なくありません。

 

また、うつ病や他の精神障害を併発するリスクも高いのですが、自分自身でそれに気付かないことや周囲に親しい人間がいないことから治療が遅れることも懸念されます。家族の協力があっても、家族が高齢になってしまうと頼れるところがなくなってしまうという問題もあります。

 

自閉症を抱えて生きていくことは、本人にとっても家族にとっても不安や心配が伴います。このような自閉症という病気の理解を深めることやサポート体制を整えることが、障害者福祉の課題であり社会全体に求められています。

スポンサーリンク