大人の高機能自閉症の特徴

大人の高機能自閉症の特徴

大人の高機能自閉症の特徴

大人の高機能自閉症やアスペルガー障害

自閉症や高機能自閉症、アスペルガー障害の子供たちは、成長して大人になっていきます。現在、増加傾向にあるこれらの障害を抱える子供たちが、大人になると社会でもこの障害を抱えて生活する人が増えるということです。また、現在は、多くの場合乳幼児期に診断を受ける場合が多いのですが、診断を受けずに社会に出ている方も居られるのが現状です。

 

大人の高機能自閉症の特徴

子供の高機能自閉症やアスペルガー障害の特徴は、多く取り上げられていますが、この障害を抱え大人になった人たちにはどのような特徴があり、どのような点で生活のしづらさを感じているのか以下で紹介していきたいと思います。

 

@ 人と適度な距離を保つ事が困難…身近な人に対して急によそよそしい態度をとることもあれば、急に手を繋いだり、肩を組んだりと馴れ馴れしい態度をとってしまうこともあります。

 

A 場所や状況に相応しい言動ができない…公共の場や職場等で、場の状況に適した音声で話すことができないことや、全くその場と関係のないような話をすることもあります。

 

B 応用力が乏しい…単純作業のような決まった動作は問題なくできても、少しでも手順が違うと困惑してしまい、作業ができなくなってしまうことも少なくありません。

 

C 特定の物へのこだわり…特定のものや興味への異常なほどのこだわりを持ち、熱中してしまい、周囲が見えなくなってしまいます。

高機能自閉症の方は、大人になっても上記のような特徴を持つ傾向があります。全ての高機能自閉症やアスペルガー障害の人に当てはまるわけではありませんが、これらの特徴を持つことで就労や社会生活を営む上で支障をきたしている方が少なくありません。

 

しかし、高機能自閉症やアスペルガー障害を抱える人の中には、特別な才能や感性があり、それを活かして働いている方もおられ、この障害を抱える人は多くの希望や可能性も兼ね備えています。

スポンサーリンク