発達障害と自閉症

発達障害と自閉症

発達障害と自閉症

発達障害の1つである自閉症

発達障害には、学習障害、注意欠如多動性障害、広汎性発達障害があります。自閉症は、広汎性発達障害に分類されますが、学習障害や注意欠如多動性症がと併発する可能性もあります。

 

発達障害は、似たような症状があるため、診断が難しいのですが年齢や環境によっても違う困難さが生じます。障害により困難さも伴いますが、一方では、優れた才能を発揮することも少なくありません。自閉症も発達障害の1つですが、早くからの治療や訓練を取り入れることで、将来の生活には多くの可能性も秘めています。

 

進学や就労についても困難さがあるかもしれませんが、できる限り社会生活が営めるように家族、学校、地域、療育機関で見守っていく必要があります。

 

発達障害の子供

自閉症を含め、発達障害の子どもにとって生活の中での困難さは沢山あります。例えば、人の言っている事が理解出来ないから同じ空間に居ても楽しくない、場の状況が把握できないことで周囲の人に叱られてしまう等があります。わざとしているわけではないのですが、周囲の人々の理解を得ることができないと、過度な圧力や精神的負担がかかってしまい、状況を悪化させてしまう恐れがあります。

 

そのため、早い段階から適切な環境を整えて療育することが大切です。自宅で、子供のペースに合わせた療育を行ったり、医療機関や療育機関で専門的な治療を行ったり、地域の制度を活用する等さまざまな手段があります。これらを利用し子供の適応能力を身につけて、将来的にその場に相応しい行動をとれるように働きかけることが大切です。

 

発達障害が完全に治ることはありませんが、訓練を行うことで「できること」が増えていきます。その為、幼い時期から治療を行っていくことが最も良いと言われています。

スポンサーリンク