自閉症は治るのか

自閉症は治るのか

自閉症は治るのか

自閉症とは治る病気なのか

自閉症の原因は、先天性の脳の病気だと言われています。しかしながら、この病気のはっきりした原因は解明されていません。

 

自閉症は早ければ乳児期から、わかることもありますが、多くの場合3歳児検診前後にわかります。しかし、軽度になると成人してから発覚することも少なくありません。自閉症は、重度から軽度までを含めると、100人に1人おられると言われる程、発症頻度の高い病気です。

 

先天性の脳の疾患であり、自閉症と言う病気は「治る」ということはありません。そのため、服薬による治療で症状を抑えることや社会適応訓練や言語聴覚士による訓練、心理的なトレーニングを受けて学習していくことが必要になります。

 

巷では、自閉症に良い食べ物やサプリメントがあると噂されることもありますが、根拠のないものが多い為、正しい情報を身につけることが必要です。

 

自閉症と治療

自閉症は完全に治すことのできない病気だと前述しましたが、この病気を抱えていても社会活動を営んでいる方も少なくありません。自閉症とは軽度の方では、特にコミュニケーションも比較的良好であり、仕事をしている方もおられます。

 

しかしながら、自閉症の方は人の感情を察することが苦手であり、その状況に相応しい言葉を発することができません。そのため、状況に合わせた適切な行動をとることができるようにトレーニングを行うことが必要です。

 

大人の自閉症も、個人で症状も異なるだけではなく、本人の性格によっても特異なこと、苦手なことは違います。自閉症の症状だけではなく、本人の性格そのものを理解し、付き合っていくことが大切です。また、できる限り、社会生活が営めるように家族や医療、福祉関係機関と協力していくことが必要です。

スポンサーリンク