自閉症 特徴 症状

自閉症の症状

自閉症の症状

自閉症の特徴的な症状は、3つあり、知的障害の有無に関わらず生じます。また、自閉症スペクトラムと診断される、高機自閉症やアスペルガー障害にも同様の症状があり、3歳頃までに出現すると言われています。これらの症状の付随症状について紹介したいと思います。

 

3つの特徴的な症状

(1) 言葉の発達の遅れがあり、幼少期には同年齢の子供よりも遅れているように感じられたり、人の言ったことをそのまま返す(オウム返し)になったり、一方的な話はできても自分の言いたいことしか言えないというような傾向があります。その為、学校でも同年齢の子供との会話が成立しないことも少なくありません。

 

(2) 執着心が強く、決まった時間に限定して行うことや、決まった場所に執着(座る場所、物の置き場所等)する傾向があります。自分の興味や関心があることには、とことんこだわりを持つのも特徴です。

 

(3) 自閉傾向の強い人になると、人とのコミュニケーションを避けますが、中にはそうでない人もいます。しかし、相手との距離を上手く図ることができずに、突然、人の髪の毛を触ったり、手を握ったりする人もいます。悪気はないものの相手の立場に立って物事を判断することができず、人の傷つくような言葉を発することもあるので人間関係の構築に支障をきたします。

 

上記以外の付随症状

付随症状の1つに、落ち着きがなく、そわそわし、目を離すと何処に行くのかわからない「多動」がみられることがあります。また、自閉症の子供の多くには睡眠障害を伴うこともあり、幼児期から治療薬を使っている子も少なくありません。

 

それ以外にも、感覚の異常があり、味覚、臭覚、触覚等も人とは違う感覚が感じられる為、それに対する反応を示すこともあります。

 

自閉症と感覚過敏

スポンサーリンク