人に甘えて頼ることが大切

人に甘えて頼ることが大切

人に甘えて頼ることが大切

プロフィール: s.sさん、30代女性、会社員、治療期間6年

 

仲良しの従姉妹と出産時期が1ヶ月違いで子供を出産しました。お互いの家も近かった為、出産後はよく行き来をして一緒に育児をしたり子供を遊ばせたりしていました。しかし子供が1歳になる前位から、従姉妹が会えない日が続き、話を聞くと子供の調子が悪く病院に通っているとの事でした。早く良くなるといいねと話し、連絡が来るのを待っていたのですが、しばらく連絡が来ず、子供が1歳6ヶ月頃になって、やっと会う事ができました。

 

実は従姉妹の子供は自閉症との事でした。子供は1歳位になってくると簡単な言葉がでたり、親を見て笑ってくれたり、少しずつコミュニケーションが取れてくるのですが、それが全く取れずに何を望んでいるのか、どうしたらいいのかという日常生活に非常に悩んでいるとの事でした。私が一緒に遊んでいた時にはそれほど大きな変化に気づかなかったのですが、久しぶりに従姉妹の子供と会い、私の子供と遊ばせて見ても、確かに違和感を覚えました。

 

従姉妹は1歳半検診で診断を受けてから療養に通うようになりました。自閉症は早期の対応をすれば社会に馴染んでいける可能性が高いという事で、かなり頑張って療養に行き、カウンセラーに会ったりしていました。自宅でも全てのものにシールで名前を書き、生活習慣なども絵で書いて、本人に分かりやすいような工夫をしていました。

 

一度、子供が3歳の頃に、従姉妹に頼まれて数時間預かった事があったのですが、何が原因か分からず突然にパニックを起こし、壁を爪で引っかいたり、泣きながら奇声を発して飛んだりし始め、自閉症の事を少なからず学んでいた私ですが、ヘトヘトになってしまいました。一緒にお出かけをしていても、何かを契機にパニックを起こしたりする事があり、その時は周りの人たちの白い目が突き刺さるようで、辛かった事もあります。

 

しかし、自閉症はれっきとした病気なので周りの人達にたくさん頼っていいのだと私は思います。大変さを分かち合い、共有する事でしか道は開けていきません。自閉症の人や自閉症の人を持つ家族は外に出たがらない人も多いという事も聞きましたが、偏見などに負けずにどんどん外に飛び出して欲しいと思っています。私も自分の事同じように従姉妹の子を褒めたり叱ったり、一緒に楽しんだりしながらこれからも一緒に生きていきたいと思っています。

スポンサーリンク