自閉症とピアノ

自閉症とピアノ

自閉症とピアノ

自閉症の療育のひとつに音楽療法があります。音楽療法はピアノを弾くことで応用力の伸ばすことと、自分のこだわりを軽減する効果があるのです。

 

自閉症が向いている職業で音楽家。音楽療法で才能を開花させた人がいるという証ですね。

 

ピアノに興味を持つ環境を作る

音楽療法は、他の療育よりパニックなることが多いそうです。

 

ピアノを弾くことに興味を持てば何時間も弾き続け、メロディーを覚えて楽譜を見なくてもピアノを弾く子もいるほど。

 

音楽療法を行うことで脳に刺激与え、他の人より音感やインスピレーションを高くすることに繋がります。

 

この症状が強くでると、サヴァン症候群である可能性が高いとされています。

 

そこまでの過程を見ると、まずはピアノに興味を持たせる環境作ることから始まります。

 

そうもしないと、子どもが癇癪を起こしね暴れるリスクを伴うからです。

 

療育でも楽しく行うこれが大事です。

 

自閉症とピアノのレッスン

自閉症のピアノのレッスンに必要なことは、教える側の根気と辛抱する力でしょう。

 

ピアノの音に反応してぴょんぴょんと飛び跳ねたり、ピアノに向かわずに他の楽器に触ることもあると思います。

 

また、楽譜を読むことが難しい子は先生の仕草を見て覚えることが多く、リズム感がぐちゃくちゃになることも。

 

無理やりではなく、気長に待つ。そして家族の協力すること
ピアノを弾くという過程の中で目標を決める。

 

自宅で練習することを表にして分かりやすく伝えると指示通りに練習してからレッスンに来る子が多く、自分に自信がついたり、先生とのコミュニケーションが取れてくる傾向にあります。

 

音楽療法の中にも視覚支援の役割は信頼関係の良い架け橋となっているのです。

スポンサーリンク