自閉症で美人はいるのか

自閉症で美人はいるのか

自閉症で美人はいるのか

外見でどうこう言うのは偏見になるのではと悩みましたが、自閉症の個性の範囲で見てきたいと思います。

 

美人は一般の人でもいますし、自閉症の人でも同じことが言えるのでないでしょうか。

 

「自閉症に美人が多い」というワードを調べてみると気になるワードを見つけたのです。

 

自閉症は美人が多い

ある精神科医が「自閉症や発達障害の人はかわいい顔が多い」という言葉です。

 

その根拠はどこにあるのか?たまたま受診した人がかわいくて美人だったのではと疑いましたが、自閉症の人の笑顔を見ると純真そのもの。

 

いつもニコニコしている点が第3者から見れば「かわいい」とか美人な人だと見えてしまうのかもしれません。

 

自閉症の家族にとってニコニコしている時は自分が何をやっているのか分からない時のサインだという人もいます。

 

もしかしたら美人の方が周囲の助けや理解される可能性が高いので自分を守る武器という考えもあると思いますよ。

 

注意深く見ると

自閉症の人はニコニコしてかわいく美人、美形が多いかもしれません。

 

よく観察すると会話が弾んでいても1人つまらなそうな表情をしたり、きりっとしたり、のほほんという表情だったりと周囲に誤解されることもあるでしょう。

 

第3者が知らないところで、当事者も家族も悩みを抱えて生きているといこと。それに、ダウン症と異なり特有な顔つきを持って生まれてくる自閉症の赤ちゃんはいません。

 

外見で自閉症か一般の人のなのか判断することは不可能に近い確率だと思います。

 

ただ、他の人より落ち着いついてる大人びた雰囲気があったり、その表情がキレイとかかわいいと言う機会が多かったことから、自閉症は美人がいる。という結論になりますね。

スポンサーリンク