自閉症の作家

自閉症の作家

自閉症の作家

自閉症の画家もいれば作家もいるということで、作家についても触れていきたいと思います。

 

最近はパソコンで文章を打つことで周囲の支援もなくコミュニケーションが可能になってきたという事例があるのです。

 

自閉症の作家

自閉症の人の才能はいろいろなところで開花します。

 

文章を書くことが得意な人もいて、その中で作家として活躍している人をご紹介します。

 

「飛び跳ねる思考-22歳の自閉症作家が見た世界」の著者東田直樹さんです。

 

東田さんが13歳の時に執筆したものです。

 

インタービューでも会話ではなく、 パソコンのキーボードで質問の説いを打つやり方でやり取りされていました。

 

言葉の1つ1つがとてもていねいで読みやすいかった。

 

東田さんはパソコンを見ると他の人のパソコンでキーボードを打ちたく衝動にかられるようで、そのサポートしている家族の苦労と理解が感じるインタービューだなと思いました。

 

東田さんの著書はアイルランドの作家デイビット・ミッチェル氏の目に止まり、自身の自閉症の息子との関係に悩んでいたそうです。東田さんの著者を読み悩みの答えを見つけた。

 

ミッチェル氏は著者の翻訳を始め2014年以降、世界中の自閉症を持つ家族や人たちに読まれるようになったのです。

 

自分の症状が武器になる

作家の市川拓司さんは自閉症と公表しています。

 

市川さんは妄想力が驚異的にあるそうで、妄想力は作家にとって必要なスキルであり作品が売れるか売れないかを左右するモノでもあります。

 

市川さんは妄想力を武器に作家活動を行い「今 あいにゆきます」など世界中で読み続けている作品などを生まれているのです。

 

妄想力でライバルもいない自分だけ書けない作品を確立することはすごいですね。

 

絵も文章も誰にも負けない才能があれば社会に生きていけることが可能です。

 

自閉症は少し部分の機能しか働かなく生活するのも難しいと言われていますが、彼らの生きざまを見ると、私たちも見習いといけないことがあるかもしれません。

スポンサーリンク