自閉症児の親の会

自閉症児の親の会

自閉症児の親の会

自閉症の親のコミュニティ「自閉症の親の会」が全国各地に点在しています。

 

札幌なら「札幌ポプラの会」愛知県なら「つぼみの会」など、セミナーや療育支援などを展開しています。

 

自閉症の親との連携・絆の集い

自閉症の親の会は自閉症のセミナーや療育支援のほかに、お茶会、相談会、趣味などで親同士の交流を深める目的で行われています。

 

これらのイベントに参加することによって、孤独や孤立な状態からの脱出をして悩みを共感してくれる場所としての役割を果しているのです。

 

自閉症の親の会から各自治体の教育委員会により自閉症の子どもの支援の情報提供など行っています。

 

自閉症の親の会と支援の輪

札幌ポプラの会では、交通局との協力で地下鉄のマナー講座を行い公共交通機関に乗れるための連携を深めています。

 

自閉症はいろいろや場面で支援が必要です。

 

公共交通機関をパニックにならないように交通局側の配慮ができる環境であれば自閉症の人の自立へ繋がります。

 

このように社会生活が適応できるように水面下で動いているのです。

 

自閉症の子どもたちの交流や父親の会。キャンプやレクリエーションでコミュニケーションと協調性を学んだりと「子ども会」の遠足やキャンプのような感じでしょうか。

 

とても楽しそうに参加している写真をみるとうれしくなりますね。

 

2005年に発達障害支援法ができてから支援の輪が広がっていきました。

 

アメリカと比較すればまだ日本ら発展途上の状態。障害が恥ずかしい。いてはいけない存在と否定的な国柄なため課題は山積みですが、この10年、20年の未来の自閉症の人たちの環境は良い方向に向かっているということ。

 

未来の投資が縮小されないように国、自治体、医療、教育、就業の輪がひとつになることを願っています。

スポンサーリンク