自閉症の支援アプリ

自閉症の支援アプリ

自閉症の支援アプリ

スマートフォンが自閉症の家族の負担が少なくしてるってご存ちでしたか。

 

私達が普段使っているアプリの中に自閉症を支援しているアプリがあるんです。

 

支援用のアプリ

調べてみると、言葉、視覚認知、時計、など家で自立課題ができるようになり、どのようなアプリがあるのかまとめてみました。

 

時計アプリ

できたよタイマー

着替え、歯磨き、片付けなど短時間で作業してほしい時に音楽と一緒にカウントダウンしてくれるアプリ。

 

学校、お出かけアプリ

あさどけい 遅刻解消無料アラーム

遅刻を少なくするためのアプリ

 

療育アプリ

ビジョントレーニング

iPadのアプリ。
目と耳との情報がマッチできるようにトレーニングするアプリ。眼球運動、視覚認知、空間認識が鍛えることが可能です。

 

アプリの発達により自閉症の人たちの環境は変わるのか

「アプリには変化を起こす力があります。自閉症患者のコミュニケーション・スキルを向上させ、行動療法の有効性を高め、学習や学校の成績を伸ばすのに役立つと考えられています」

 

述べているダン・スミス博士。

 

覚えるのが早い人であれば、タブレット・スマートフォンの操作を覚えることでネットで一般の人と会話を楽しめるスキルが芽生えるということでしょうか。

 

自閉症の支援のアプリはタブレット端末専用のアプリが多く、ゲーム感覚で計算、言葉、会話を覚えられます。

 

アプリによって挨拶などのコミュニケーション能力を学べて、療育施設と家庭の2つの場所で自立課題できるこのは家族の負担が減ることでしょう。

 

同時にタブレット端末の操作を覚えてしまうメリットが自閉症の人たちの環境を改善かつ、視野や支援の輪が広がると期待しているのです。
※iQintel「アプリが自閉症障害の子供を変える」参照
https://iq.intel.co.jp/how-autism-apps-help-kids-on-the-spectrum/

スポンサーリンク