軽度の自閉症と結婚

軽度の自閉症と結婚

軽度の自閉症と結婚

軽度の自閉症は知的障害と言った症状がないため一般的な生活が困難というわけではありません。

 

どちらかというと、お嫁にしても問題ないという考えを持っています。

 

あとは周囲が当事者の不得意な部分をサポートできれば結婚は難しいわけではありません。

 

事例で見てみる軽度の自閉症の人の結婚生活

事例1の奥さんは洗濯にこだわりを持っており、下着、靴下、ワイシャツなどシワもひとつもなく近所からも評判です。そんな奥さんのパート先はクリーニング屋さん。キレイに仕上げるとして職場からも好かれているそうです。

 

事例2 トイレと風呂はいつもピカピカ

 

療育施設で育ったAさんの仕事は清掃業。とくにトイレと風呂の掃除が得意でカビひとつ、臭いもなく毎日ピカピカ。家族が気持ちよく過ごせているとのこと。

 

ただ、大掃除は苦手で大掃除は家族でやっているそうです。
大掃除以外の日頃の掃除でホコリひとつもない部屋になっています。

 

軽度の自閉症は療育や治療によって症状が改善できるためこよやうに結婚生活においても支障をもたらすことは少ないのです。

 

感謝の気持ちを伝える大切さ

サポートして当然という役目である家族。
時にはイライラをぶつけるこももあると思います。

 

しかし、掃除してくれた当事者に感謝する気持ちを伝え続けるとで必ずその気持ちが伝わります。

 

軽度の自閉症でも相手の顔をみめ表情から気持ちを汲み取ることは苦手です。

 

見たままに行動するため、たまに気持ちの行き違いも生じます。

 

しかし、夫婦生活は協力が不可欠です。
自閉症のパートナーでなくても、協力ができない夫婦は結婚生活はうまくいきません。

 

他の家庭より家族の絆が強くなるメリットもあるので、自閉症だから結婚できないと思わないでほしいです。

スポンサーリンク