折れ線型自閉症と知的障害

折れ線型自閉症と知的障害

折れ線型自閉症と知的障害

折れ線型自閉症は知的障害も伴うというデータもあります。

 

家族は言葉を理解していたのに、ある日から言葉を忘れたように会話もしなくなった。

 

急にパニックを起こしたり、オウム返しの症状が出てきて、重度の知的障害と診断されるケースもあります。

 

折れ線型自閉症の落とし穴とは

赤ちゃんの頃はきちんと言葉を理解していたのに、言葉を覚えが他の子どもより遅くなった。

 

会話もままならないことが気になっていても、大抵の親は「成長の遅れ」として見逃す可能性が高いと言われています。

 

大人になって高機能障害として分かる人は「折れ線型自閉症」かもしれません。

 

個人差にやるので可能性が高いことを記しておきます。

 

知的障害を認めたくない。自分のしつけが悪いのかと親が自分をせめたりと家庭が悪化することも否めません。

 

しかし、知的障害とわかっても根気よく療育していくと、突然会話ができたり、言葉を発する事例もあるため知的障害のレベルに個人差があるということです。

 

それに知的障害といっても軽度の場合は会話はできなくても理解はしている事例があるため希望は捨てずにいて欲しいと思います。

 

遅いならその人のペースで信頼できるパートナーとして見守る

高機能自閉症は軽度と重度の症状の人がいます。

 

知的障害として診断されても、1つずつ言葉を思い出すように療育を受けて、当事者が生活しやすい環境を整えるようにサポートしてください。

 

自治体の自閉症の相談会やNPO(民間非営利団体)の会合や交流会など、自閉症に必要なのは、一緒に見守り親も自閉症のことを学び成長していくこと。

 

親よりも良いパートナーとしての関係が築いて欲しいと願っています。

 

ただ急に知的機能が低下するのは親も受け入れがたいことですが、その勇気が当事者の人生を左右されることをご理解していただくとうれしく思います。

スポンサーリンク