折れ線型自閉症は何才でわかるのか

折れ線型自閉症は何才でわかるのか

折れ線型自閉症は何才でわかるのか

折れ線型自閉症とは赤ちゃんの頃は一般の赤ちゃんと同じ成長過程をたどっていたのに、突然成長過程が止まってしまい、自閉症の症状がでてくることを指し、自閉症の1/3は折れ線型自閉症と言われています。

 

折れ線型自閉症の原因も分かっておらず、自閉症と同じ先天性の脳機能障害と考えらています。

 

折れ線型自閉症は何才でわかるのか見てみましょう。

 

3才がキーポイント?

赤ちゃんの頃は喃語も喋れる。言葉は理解できている。

 

このまま普通に成長できるはずなのにどういうわけで突然、成長が止まるのかもしくは後退するのか?

 

データによると1才?2才以降から後退すると言われています。

 

背景から3才から保育園、保育所、幼稚園に入園する時期にあたり母親の職場復帰する。または2人目を出産する。という新たしい変化が重なる時期です。

 

今まで独り占めできた母親と離れる時間が増える。または弟や妹に取られるというショックと折れ線型自閉症の発症と結びつけて良いものか分かりかねますが、何かしらの脳の機能が新しい変化に適応できないことは確かです。

 

折れ線型自閉症はそのままなのか?

何歳で分かるか全く予想ができない折れ線型自閉症。

 

折れ線型自閉症は言葉の遅れが目立ち、コミュニケーションが乏しい子どもが多いと言われています。大半は言葉は2才ごろまでに言えたのに、突然言葉を言えなくなるそうで。

 

ですが、子どものうちから療育施設で通って、どの才能が芽生えるのか。そして成長するのかは当事者も分かりません。

 

神のみぞ知る聖域のようですが、しっかり療育をすれば症状は回復できるはずです。

 

少し変だなと思ったら早く専門医に診てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク