大人の高機能自閉症の特徴

大人の高機能自閉症の特徴

大人の高機能自閉症の特徴

子どもの頃に親が異変に気付き専門医の検査をきちんと受けて高機能自閉症と診断される人と、大人になってから高機能自閉症と分からず「生きづらさ」に悩んでいる人と二極化しているのではないかと考えています。

 

自分も親というか祖父母の体裁のせいで30になるまで高機能自閉症だと気づかなかったからです。

 

自閉症と気づかない辛さ・悩みも深い

私はアスペルガー症候群の中間の位置の判断でした。

 

世間の体裁と親の見栄のせいと言ったら言い訳になってしまいますが「人とより不器用」「人ができて自分にできない悩み」「冗談が通じない、相手に同意する意見より本音をズバッと言って何がいけないんだ!という本音と建前が分からない」

 

親に社会に適応できないダメ人間と言われて、一時期ひきこもりになったことも。

 

自分が自閉症であることに気づいた時、子どもの頃にちゃんした検査を受けさせてくれなかったか?と厳しく問いただせても、親は「祖父母が恥だからヤメロとか。認めたくなかった」のが理由です。

 

特徴として親が病院に行くのは嫌がるケースが多いという背景あるかと思います。

 

当時はイジメられて本当に辛かった。けど悩みの原因が解決したのは先生のおかげ。職業訓練を紹介してもらい、訓練に参加して簡単に作業ができる郵便局の仕分けの仕事に採用されて5年間働きました。

 

大人の高機能自閉症は、「なんでできないんだろう?」で悩んでいる人が多いはずです。

 

親の見栄、家族の恥として家族から見られ続けた私は癒えない傷を抱えています。

 

親を恨んだ時期もありましたが、大人になって少しは親の気持ちが分かるようになったのです。親も苦しかったんだなと。

 

大人の高機能自閉症の特徴

私の体験談を紹介させていただきました。
恥ずかしいですが、今はなんとか生活できています。

 

大人になっても高機能自閉症と分からず生活している人は、こんなタイプではないでしょうか。

  • キレやすい
  • 人の気持ちが分からない
  • 物忘れが激しい
  • 感情の波がある
  • 友達が離れていても気にしない(来るもの拒まず去るものを追わない)
  • 計画を練っても最後まで面倒をみない

俗に言う「変人」です。

 

これらの特徴の人が高機能自閉症かどうかは検査しないと分かりません。

 

みなさんにお願いがあります。友達が高機能自閉症であるなら、個性とみてほしいし少し距離をおきながら付き合っていただけたら嬉しく思います。

スポンサーリンク