高機能自閉症と就職

高機能自閉症と就職

高機能自閉症と就職

高機能自閉症の仕事は身近にあるとご存じでしたか。

 

ルーティンワークを中心の仕事が高機能自閉症の人たち向いていると言われており、工場で働いている人も少なくありません。

 

高機能自閉症はコミュニケーション能力や対人関係が乏しいため、1人でコツコツできる仕事が望まれているのです。高機能自閉症の人が就職が難しい課題もありますが、就職できている人もいることも認識しないといけないと思います。

 

俳優業が向いている?

アメリカの話ですが、ハリウッド映画は配役に障害も演出の1つとして映画に出演している人もたくさんいます。

 

ハリウッドでは俳優の仕事を、している率が高いと言われていいます。

 

アメリカは自閉症などは障害でもなく「個性」セリフを覚えることが得意であれば俳優業は天職かもしれません。

 

歴史上の偉人たちも研究により「自閉症・発達障害ではないか?」と考えられていること。

 

高機能自閉症はIQが高い人や手先が器用の人もいて、うまく仕事に結びつけば社会に貢献できる可能性が高いと証明されますね。

 

日本の企業も高機能自閉症のメリットを受け入れて積極的に採用してほしいし、自閉症の人も自分の武器として就職試験に臨んでほしいと願っています。

 

高機能自閉症の就職支援について

高機能自閉症は、知能がさほど低くないためカナー症候群より仕事の支障が少ないと言われていますが、第三者の支援を必要であること。

  • 作業のルールは守れるが会社の暗黙の了解が理解できない
  • 場の雰囲気を乱す可能性が高い
  • 上司から仕事でミスを指摘すると自分を攻撃してるとみなしてしまう
  • 電話応対が苦手
  • ささいなことでも怒る
  • 未経験の仕事ができないまたは自信を無くす
  • 予定変更が苦手

これらの課題をどう支援していくか?

 

会社にイラストなどを使って分かやすく連絡方法を考えたり、苦手な分野をやらせないなど環境を整えることが求められます。

 

近年では障害者枠で採用している企業も増えていることで、就職率も少なからず増えているのは企業も体制が少しずつ体制が整えているようですが大企業での採用枠が多く、中小企業の採用枠は少ないのも否めません。

 

その背景には、全国の地域障害者職業センターによる就職準備支援などを行い、企業とセンターとまたは専門医と連携を協力をする体制が大企業にあるということ。

 

まだ課題は山積していますが、少しずつ就職支援の輪が広がっていることは確かです。

スポンサーリンク