カナー症候群の原因

カナー症候群の原因

カナー症候群の原因

カナー症候群とは知的障害を含む自閉症の1つです。

 

とくにコミュニケーション能力や対人関係を作ることがとても難しく、集団生活ができないというのがカナー症候群の特徴です。

 

カナー症候群も自閉症の1つであるので、自閉症の原因と同じであると考えられています。

 

カナー症候群の原因とは

カナー症候群の原因として主に2つ

 

1つは遺伝性の原因と、もう1つは妊娠時による環境が原因と考えられています。

 

近年の研究で、自閉症・カナー症候群の原因の有力説に妊娠時の母体の環境が悪いということ。

 

活性酸素が脳が正常に作る働きを邪魔していると考えられるようになり、活性酸素を抑制する抗酸化作用が強い、アミノ酸、ビタミン、ミネラルや細胞分裂を正常に働くことをサポートすら核酸、葉酸を摂ることを推奨される背景の1つとして見ています。

 

また、自閉症は増加傾向になっている数値と高齢出産をする女性の比率と比例している説もあるのです。

 

上記のことと遺伝性の原因と深く関係していると研究で少しずつ明らかになってきていますが、いまだに原因が分からないというのが現在の状況です。

 

生活習慣の乱れが原因なのか

カナー症候群の子どもたちが、体内の栄養が極端に不足しているデータがあるように、妊娠時の母親自身の栄養か不足しているのであれば、親の心がけひとつで赤ちゃんを自閉症・カナー症候群のリスクが高いということです。

 

研究が進んでいく段階で必ず近い未来に自閉症・カナー症候群の原因か明らかになることでしょう。

 

その時に私達の生活習慣が原因であれば、ジャンクフードばかりの食生活。
基礎代謝の促進を図る生活を心がけることを意識しないといけません。

 

「親のしつけが悪い」というと認識していた自閉症。

 

言葉を言い換えると乱れた生活が、自閉症の子どもが増やしてしまうということ。

 

子どもを守るためにも自分の体のメンテナンスをしないといけないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連ページ

重度の症状
診断方法