重度のカナー症候群の症状

重度のカナー症候群の症状

重度のカナー症候群の症状

カナー症候群とは定期脳自閉症と呼ばれており、特徴としてIQが低く知的障害を発症しています。

 

知的障害を伴うカナー症候群は、IQが約70以下。とくにコミュニケーション能力の低下により社会に適応されない問題があるのです。

 

重度のカナー症候群について

カナー症候群の症状についてです。

 

カナー症候群は暴力的な行動を示すことがあり、かみ付いたり好き嫌いか激しいこともあり、家族でさえも手を焼くタイプとされています。

 

子どもの頃から集団行動が苦手であり、些細なことでも喧嘩が起きてしまうこともあり、セラピストも注意深く見守ることを余儀無くされると言われています。

 

カナー症候群が重度化すると身体障害、発達障害、精神障害も併発するリスクが高く社会生活で生活できにくい症状が報告されているのです。

 

カナー症候群の症状とは

上記にも書きましたが、カナー症候群の症状は主に・・・・。

  • コミュニケーション能力の低下
  • 対人関係の難しさ
  • 物事へのこだわり
  • 自分でもなんで怒っているのか分からない
  • 遊んでいても友達に手をあげる
  • 人の気持ちがわかない

この自閉症の症状がとても強く出ているとされています。

 

アスペルガー症候群と間違えられるケースがありますが、アスペルガー症候群はIQも高く、知的障害でもなければ、言語障害でもあります。
普通の生活はできますが、対人コミュニケーションが難しく「人の気持ちが分からない」点が目立ちます。

 

カナー症候群は会話は難しく言葉に意味はなく発しているため、アスペルガー症候群より重度の障害を持っていると見ていいと思います。

 

自閉症は「怖い」という誤解が周囲にもたらすのも自閉症の症状が強く出てしまうから。

 

自閉症にはいろいろなタイプの症状を持っているんだと私達も知る必要があります。

スポンサーリンク

関連ページ

診断方法
原因