自閉症と就職

自閉症と就職

自閉症と就職

自閉症だから就職できないのはウソなんです。

 

自閉症の特有の行為をメリットとして捉えている職場もあるからです。

 

自閉症の人が就職しやすい仕事を見ていきましょう。

 

自閉症の人が向いている仕事とは

仕事をしていく上で急な変更で仕事の段取りなど調整をし直す場面は多々ありますよね。

 

瞬時の判断力が求められることもしばしば。

 

自閉症の人は急な予定を変更する仕事は不向きとされています。
自分のペースを乱れるとパニックになるからです。

 

自分のペースで黙々と仕事だと丁寧に作業するため、仕事が早い・真面目。と評価されている事例もあるのです。

  • 清掃業
  • 工場での作業
  • エンジニア
  • スーパーのバックヤード
  • 研究職
  • アーティスト
  • 俳優

上記の分野で社会の一員として汗を流している人が皆さんの職場にいらっしゃるかもしれませんよ。

 

実際はなかなか難しい就職

自閉症の人がいる職場には理解のある上司が必要です。

 

中にはミスばっかりをする。新しいやり方を覚えようとしない。周囲からいじめられて仕事を辞めていく人も存在します。

 

自閉症の人の働き方は言われた通りに努力をするんですが、周囲は努力を利用して「辞めさせる」ように持っていくのを見て、まだ自閉症の理解が職場では浸透されないのではく、浸透しないと言ったほうがいいかもしれません。

 

家族からは「また仕事辞めて!それくらい我慢しなさい!」と当事者のために発している言葉が社会を遠ざかるきっかけに過ぎないということ。最悪、引きこもりやウツ病になるリスクも高くなるし成果主義の今の会社の方針が自閉症の人にどう影響しているのか、周囲が理解する余裕がないが自閉症の就職がしにくい要因と言えると思います。

 

自閉症の人たちは働きたいと言う気持ちが強いこと、会社に就職できるようなシステムを確立して欲しいと願っています。

スポンサーリンク