自閉症の親の特徴

自閉症の親の特徴

自閉症の親の特徴

自閉症の親の特徴についてです。

 

近所に自閉症の家族が住んでいますが、子どもを隠したがる父親。子どもの世話を一生懸命の母親の特徴が強く見えました。

 

理解が難しい環境にいるかもしれない

とくに自閉症は外見が一般の人と変わらないため、「問題のある子がいる家庭」と周囲からいわれているかもしれません。

 

最近はメディアやネットで自閉症のことを知る機会が増えてきましたが、自閉症の人を理解できる余裕がないのが現状だと思います。

 

時代の流れで自閉症は親の教育の原因ではなく、先天性の脳機能障害であることが分かり、親の教育が悪いわけではないと研究成果により明らかになりました。

 

アメリカと遅れている日本の自閉症の支援。いまだに家族の負担が重い課題も山積みです。

 

また、社会がまだ自閉症を理解している仕組みではないため、仕事の影響があるかもしらない。という世間体を気にする親もいるということ。

 

2005年の4月に執行された発達障害支援法で支援の輪が広がっていますが、まだ不十分であることも然り。

 

しかし、法律が執行されて親の負担が軽くなることは自閉症の特徴は症状を理解するコミュニティを作ることの土台になることを祈るばかりです。

 

そして、自閉症のことを隠さずのびのびと子育てできる親が増えてくることを期待します。

 

ストレスをためている親たち

子育てのストレスを抱えていら親はたくさんいます。

 

自閉症の子どもの子育てに悩んでいる率は高く離婚までに発展することが目立ちます。

 

自閉症の子どもを療育施設に行かせるまでの過程。
「お母さん」「お父さん」と呼んでくれない悲しみ。
専門家の力を借りないととても子育てできない環境は甘えでしょうか。

 

「専門家に診てもらってうらやましい??うちも自閉症の子を産めばよかった」と発している人がいるんだと悲しくなります。

 

こんな環境の中で一生懸命に子どもを育ててる親に批判する意味がどこにあるのでしょうか。

 

家族、親戚に批判されたり、孤独と向き合っている親がいるということをご理解していただけるとうれしく思います。

スポンサーリンク