双子の自閉症

双子の自閉症

双子の自閉症

双子の方が自閉症の確率が高いのでしょうか。

 

双子の片方が自閉症。両方とも自閉症の事例が多数見られて、一卵性双生児と二卵性双生児とは自閉症の発症の割合が違ってくるというのです。

 

双子の自閉症の割合

双子の自閉症の割合は遺伝性による原因であること物語っています。

 

双子の自閉症の発症率は一卵性双生児の場合は40%?98%と高く、データによると両方が自閉症になるケースと片方だけが自閉症になる率も同じ割合であること。

 

逆に二卵性双生児は一卵性双生児よりも発症率が低く、およそ5%?10%くらいと考えられています。

 

二卵性双生児は遺伝子が別であるためか自閉症の原因が遺伝子の異常によるものという説が有力であることが伺えますね。

 

イギリスのラター博士の研究チームによると、双子の自閉症になる背景として難産で出産した赤ちゃんに見られると発表。

 

難産による脳のダメージで機能が損害したことによる自閉症の発症につながっている可能性もあるというのです。

 

しかし、今の段階では脳機能の損害が微々たるものであると検査しても分からないという課題も浮き彫りなり、今後の検査機能の進歩と発展を期待したいところです。

 

双子は自閉症というわけではない

双子は自閉症の発症率が高いのは明確ですが、自閉症にならない子どももいます。

 

事例を見てみると父方の親戚に自閉症を発症している子がいると、自閉症になる可能性は高くなるということ。

 

まだ明確な原因が分からないため、何とも言えないのが現状です。

 

上記で記したように難産による脳機能の損傷なだの環境要素が何か関係していることが分かってきました。

 

出産前に抗うつ剤を服用して、のちに生まれてくる双子が自閉症になった事例もあり、ホルモン、体と心の環境と自閉症のどう関わっているのか。

 

それとも遺伝性の要因なのか今後の研究成果に明らかになることでしょう。

スポンサーリンク