自閉症児を普通学級に通わせることについて

自閉症児を普通学級に通わせることについて

自閉症児を普通学級に通わせることについて

自閉症児ご普通学級に通うことは今の段階ではとても難しいことではないでしょうか。

 

特別学級があっても「迷惑」という保護者も少なからずいるからです。

 

クラスに溶け込めない

特別学級がある小学校に通っていたため、自閉症の友達が何人かいました。

 

彼らを見ると大きい2歳か3歳児。
男の子だと力があるため、パニックを起こして暴れると先生も2人かかりで止めるほど。

 

通常学級に通う子たちが怖がる恐れがあるし、「イジメ」の対象としてもらえる子もいるかもされません。

 

自閉症の子にも教育を受ける権利はあります。

 

自閉症の子が楽しく学校生活を送るために普通学級に通わせるのが幸せなのか、特別学級や養護学校、受け入れ体制が整っている学校に通わせる選択を広げないといけないと思うのです。

 

自閉症の人が通う学校があるのか

東京都武蔵野市にある武蔵野東学園は、通常学級がある学校ですが自閉症の子どもを積極に受け入れるています。

 

学校でもあり教育施設でもある武蔵野東学園は、1964年から幼稚園設立と同時に自閉症の療育を始まったとされています。

 

たまたま自閉症の子どもの入園希望を当時の園長が受け入れ、「体力づくり」「心づくり」「知的開発」3つの支援を軸に教育を受ける体制が整っているのです。

 

※参考資料「武蔵野東学園」
http://www.musashino-higashi.org/top.htm

 

民間の療育が可能な施設の増加と高度なプログラムにより、自閉症の子どもが通常学級へ進級した事例もあります。

 

※参考資料「一般社団法人エジソン・アイシュタインスクール協会」
http://gado.or.jp/

 

自閉症の子どもを通常学級に入れるまたは進級するには、自閉症は克服できることを軸に活動する施設へ入れて、その施設で楽しく過ごせるかどうかがポイントになってくるのではないでしょうか。

 

親のプライドで無理やり通常学級に入れるのは自身は反対です。

スポンサーリンク