中学生の自閉症

中学生の自閉症

中学生の自閉症

自閉症の人は偏食気味と報告されています。

 

特に中学生になると、偏った食事ばかりすると「キレ」やすくなる傾向があると自慰行為が目立つようになります。

 

一般の中学生も同じですが、自慰行為がいつまでも行って困っている事例が多いようです。

 

自閉症の中学生の特徴

  • 忘れ物が多くなる
  • スケジュール管理ができなくなる
  • 対人コミュニケーションが難しくなる
  • 英単語が覚えられない
  • 親離れができない

自慰行為の他にも上記の特徴があると事例を参考に挙げてみました。

 

中学生は思春期になるにあたり、親から離れやすくなります。

 

親の指示から自分で考えて行動するとようになってきますが、自閉症の特徴として、親離れができなかったりパニック障害を併用するリスクが高くなっています。

 

上記のような状況からいかに周囲はどのように支援していけばよいのか、下記の項目で考えていきましょう。

 

思春期の時の支援と課題

自閉症の中学生を支援するにあたっで大切なことは、

  • 親から離れて自立すること
  • 自分の居場所の範囲を広げること
  • 自分に自信を持たせること
  • 年齢に合わせた振る舞い方を考える

これらの条件をもとに支援が必要とされていきます。

 

また異性に興味を持つ時期でまありますから性教育をいかに支援するか支援する側のスキルもレベルも上がっていきます。

 

この時期は親も子離れできない状況に陥りやすいため、成長過程の妨げになったり思春期における精神の不安定が重なり問題を起こすケースが多く、小学生より中学生のほうが問題視されているのではないでしょうか。

 

一方で、小学生までに見られた多動も中学生になると落ち着いてきて、その子が何をしたいのか周囲も判断できるメリットもあり、そのメリットが絵画の才能を伸ばして芸術家として活動する人もいます。

 

中学生の時期の支援が今後の人生を左右することは間違いないようです。

スポンサーリンク