自閉症と胎動

自閉症と胎動

自閉症と胎動

自閉症は難産による微々たる脳の損傷や遺伝子の原因など研究で分かっていていますが、はっきりとしたことは未だに不明のままです。

 

しかし、遺伝子の原因も然り。

 

妊娠前の環境や生活習慣といった身近なところにも自閉症の発症するリスクはあることも然り。

 

妊娠中に他の子とは違うことも体験談から明らかになってきたのです。

 

それは胎動が激しいということ。

 

妊娠中に胎児は多動行動をしているということでしょうか。

 

事例から見る関連性

妊娠8ヶ月で切迫早産で出産した赤みゃんは自閉症の疑いがあるということ。
切迫早産の理由は胎動が激しくてお腹が張ってしまったから。

  • 悪阻がひどい
  • 妊娠中の貧血や睡眠不足

など事例を調べてみると、妊娠中の調子が悪い人が多い傾向が見られました。

 

別の事例を見てみると、胎動は静かであったが子宮内胎児発育遅延か見られりと胎内の中の環境が悪いことが共通しているということ。

 

妊娠中に葉酸、ミネラル、ビタミンを摂りましょうという背景には胎動や胎内の環境をよくしようという意味があるということにつながり推奨している理由も理解できます。

 

胎動が激しい、胎動が弱くても自閉症の発症のリスクは変わらないことも理解しておかないといけないと考えるようになりました。

 

妊娠中に予防はできるか

胎動が激しいから自閉症になるより、母体の環境が大きく影響している可能性は高いと言われるようになりました。

 

妊娠中の喫煙やアルコール、薬の服用を控えること。

 

体を大切にしてストレスフリーに過ごせる環境を作るように呼びかけていますが、予防はできる確立するモノがない限りは体に害のならない物資を体内に入れないように心かげるしかありません。

 

今後の研究により胎動から自閉症だと判断できるようになれば良い結果をもたらすのか期待したいと思います。

スポンサーリンク