自閉症の胎児の特徴

自閉症の胎児の特徴

自閉症の胎児の特徴

高齢出産で出産する女性が多くなり、自閉症のような先天性の障害を発症するリスクが高いと言われています。

 

このリスクは胎児の頃なら影響しているのかは研究段階ですがリスクは存在するという報告はあると考えられています。

 

胎児の特徴

未だに研究段階ではありますが、自閉症の胎児の特徴として可能性があるとしたら脳が作られる時期に障害が起きているいうことです。

 

妊娠前の検査で分かるのはダウン症くらいで自閉症はわかりません。

 

脳に障害が起きている胎児が実際に存在しているのであれば、胎児から自閉症が発症するリスクは高いということです。

 

胎児を守るために妊娠中での過ごし方が自閉症の発症率が左右されることは少なからずあるということは間違いありません。

 

自閉症とアレルギー疾患、ホルモンバランスの関連性がある研究をしていたり、これらをひっくりめて胎児に何かしから影響されていることが今後明らかになることでしょう。

 

胎児の栄養不足が自閉症なりやすい

偏った偏食をしやすい現代社会に生きている私達は、昔に比べて先天性障害を発症するリスクを体内に堆積していることも意識しないといけません。

 

もし、胎児の頃に脳の障害が起きているとしたら胎児に必要な栄養が不足してるからと考えることはできないでしょうか。

 

研究により自閉症の子どもはカルシウム、ビタミンB群、ミネラル、酵素が不足している。また、喫煙による自閉症の発症率は1.4倍であることが分かっています。

 

胎児の頃に母体から送られる栄養自体が偏っていたら・・・女性として責任を感じます。

 

健康な胎児を成形するために私達は何を心がければ良いのか。

 

自分の好きなことだけしてはいけないということが自閉症の研究で訴えかけている気がしてくるのです。

 

日本は晩婚、高齢出産の傾向が強くなった今日。

 

自閉症のリスクの要因や自閉症の特徴を知らないと社会が変わらないだという警鐘であるかもしれません。

スポンサーリンク