自閉症の成長過程

自閉症の成長過程

自閉症の成長過程

近年では大人の発達障害や大人になってから自閉症だと分かる事例が多くなっています。

 

家族が「他の子と違う」ことを恐れて強制的に指導したり「お母さんも頑張るから、あなたも頑張ろう!」と厳しいしつけをする家庭も少なくないと思います。

 

早期の段階で療育を受けさすこと。そして、早めの検査をしてほしいなと切に願うところです。

 

自閉症の子どもの成長

自閉症の子どもたちは自立課題を1つ、1つクリアして「当たり前に」できる事を覚えていきます。

 

「電車に乗ること」「順番を守ること」「切手を買うこと」「計算すること」「字を書くこと」覚えることはいっぱいあり、困難も沢山出てくることでしょう。

 

成長過程において、周囲の偏見など辛いことを経験することもあるでしょう。

 

子どもたちは前向きに必死に生きていることが動画サイトの投稿により周囲の理解が広がってきています。

 

成長するにつれ、一般の子ども達と同じ学校に行き、計算がズバ抜けて早かったり英語を早く覚えたりと才能が伸ばすチャンスが訪れる環境があれば自閉症を完治するのではなく、克服する人も存在するということ。

 

自閉症だから成長が遅い。
自閉症だから子どもが不幸。
と思うのは本末転倒なんだと思うようになりました。

 

自閉症なら自閉症なりの生きる過程がある

大人になって自閉症と判断されたAさんは、社会で生き抜くい理由が分かり、それなら自閉症なら自閉症なりの生き方をしていけばいい。と考えるようになったといいます。

 

ここまで考えが来るまでの過程はとても大変だっと思いますが、Aさんは単純作業が得意なため、単純作業ができる仕事をパート勤務で働いています。

 

好きな時に友達と遊び、好きな時にパートの人と飲みに行ったりと楽しいと話してくれました。

 

前向きに生きる彼女は自閉症と言えるといえば私は「NO」と答えます。
「すごくマイペースすぎる人」くらいしか見えないからです。

スポンサーリンク