自閉症児の遊び方の特徴

自閉症児の遊び方の特徴

自閉症児の遊び方の特徴

自閉症の子どもが遊ぶ動作を観察してみると、「おもちゃを並べる」特徴が見られます。

 

ぬいぐるみを使ってお話しするわけでもなく、車のおもちゃを走らせるわけでもなく「並べている」遊びをしていることに意味があるのでしょうか。

 

おもちゃを並べる意味を考える

自閉症の特徴の1つとして同じパターンを繰り返し行ったり、1つの行動に強いこだわりを持っており、そのこだわりが遊びに深く関係していると考えられています。

 

「ぬいぐるみを並べる」ことにこだわりを持っていて、午前中の同じ時間に始める事例もあります。

 

子どもには「遊び」として認識しているのであれば、周囲は無理やり止めさすのは逆に癇癪を起こす可能性があるので、誰かの迷惑にならなければ遊ばせてあげたほうが良いかもしれません。

 

遊びから色や形を覚える

モノを並べる遊びを好むことを利用して、遊びから色や形を覚える機会を持つことも大切です。

 

積み木を並べていたら、「三角だね」と声をかけながら遊ぶ。

 

言葉でのコミュニケーションが乏しい子どもにとっでの家族が声をかけてあげると自然にコミュニケーションが取れるのです。

 

子どもが嫌がらない範囲で、声をかけてあげながら遊びを見も守るようにしましょう。

 

声かけの他に、積み木が好きな子どもに対して形が異なったモノだけを用意して遊ばせ、大きいモノと小さいモノを教えることが可能だと言えます。

 

自立課題の1つに積み木を使って大小のモノを分ける訓練があるように遊びの中で課題をクリアしていくとまた新しい興味が芽生えるかもしれません。

 

子どもの才能を伸ばすには遊びから何が得意なのかを家族や周囲がよく観察することがいかに重要であることは研究や生き様を見てはっきりしています。

スポンサーリンク