自閉症かどうかはいつわかるのか

自閉症かどうかはいつわかるのか

自閉症かどうかはいつわかるのか

赤ちゃんの時に自閉症と判断するのは今の段階だと難しく、ある程度の年齢まで分からないとされています。

 

では、一体いつ頃から自閉症と分かるのでしょうか。

 

自閉症といつわかるのか

いくつかの事例を調べてみましたが、大半は1歳?3歳の間に自閉症と分かることが多いようです。

 

ある事例を見ると、

  • お気に入りの公園や動物園などしか行きたがらない。
  • 同じ服を着たがる
  • 言葉の遅れが目立つ

という行動が目立つようになってから家族は異変を感じるようです。

 

1歳半の検査で自閉症の疑いがたると診断された事例が多いのも納得がいきます。

 

赤ちゃんの頃は一般の赤ちゃんと同じ仕ぐさをするため、家族も気づきません。

 

振り返ってみると、オムツの時に泣かなかった、音に敏感でなきだすという個性という形で自閉症の症状が出ていたのではないかと気づくケースがほとんとです。

 

自閉症がいつわかるのか?それは、言葉を覚えてない、人と遊ばない、意思を伝えることが難しいことが3歳で目立てば自閉症だと診断されます。

 

自閉症を軽くできるのか?

CARSの検査で自閉症を早期発見される可能性が高くなる今日。
自閉症と分かっても症状を軽くすることが可能かどうか。

 

薬物療法やサプリメントを使った化学療法、自立課題などの療法施設でのサポートと家族の協力で症状を軽くすることは可能とされています。

 

療法施設での訓練をみても3歳のこどもが多く、今後の研究の成果によっては、赤ちゃんから訓練を受ける日も近いかもしれません。

 

いつ自閉症が判明できて子どもに教育に良いのかは周囲の環境と協力が影響してくるものです。
自閉症の正しい知識を持つことで可能を無限大にすることができることを認識しておきましょう。

スポンサーリンク