自閉症とつま先歩き・つま先立ち

自閉症とつま先歩き・つま先立ち

自閉症とつま先歩き・つま先立ち

自閉症の子どもはつま先立ちで歩く傾向が見られます。

 

つま先立ちをしたりつま先歩きをする子どもの背景には運動の機能が発達していない要因の1つという説があるのです。

 

つま先歩き・つま先立ちをする要因

運動の機能が発達していない要因からつま先歩き・つま先立ちするという理由は明確で、筋肉や関節が一般の子どもより弱いこと。膝の上げ伸ばしが難しいと言われています。

 

それにより、つま先歩き・つま先立ちしたほうがラクに移動できるために行うというデータがあるのです。

 

また、つま先はくすぐると敏感に反応しますよね。

 

刺激を過敏に受けやすい自閉症の子どもは、つま先を地面につけたくない理由もあることを考えると、つま先歩き・つま先立ちには運動機能の未発達と刺激を過敏に感じやすいから起こ行動であることが分かります。

 

放置しておくと他の病気も併発するリスクがある

つま先歩き・つま先立ちを無理やり辞めさすことは子どもの歩くばらんすを崩す可能性がありますが、放置しておくと脊髄の異常が起こったり足がマヒするリスクも高くなり、専門医の指導を受ける必要があるかもしれません。

 

タッチケア療法でアロマオイルで足をマッサージして、筋肉の緊張をほぐし、血行をよくする効果と、オキシトシンの分泌を高めて対人コミュニケーションの向上と常同行動の改善の効果があります。

 

オキシトシンとタッチケア療法を併用してつま先歩きから普通の歩き方ができるような環境を作ると改善するかもしれません。

 

歩行訓練の前にスキンシップとして足や筋肉のマッサージをすることで神経の正常とホルモンのバランスも同時に良くすること訓練が楽しいという気持ちが強くなり積極的に訓練に向かうのではと期待しています。

スポンサーリンク