3歳の自閉症児の特徴

3歳の自閉症児の特徴

3歳の自閉症児の特徴

3歳は保育園または幼稚園に入園する時期であり、初めて組織に属して社会活動を行います。

 

3歳児になると自閉症の特徴が明らかになり療育施設で訓練を受けるかどうか判断される時期でもあるんです。

 

3歳児の自閉症の特徴とは

  • 言葉の遅れがある
  • 会話のキャッチボールができない
  • オウム返しが目立つようになる
  • 他人に関心がない
  • 表情が無表情のまま
  • 視線が合わない
  • 興味のあるものだけ近寄ってくる
  • 横目で見る頻度が高い
  • 繰り返し行動をする
  • 同じ遊び、同じ手順、同じ日に行うという変化を嫌う
  • 落ち着きがなく走る部屋または教室を走り回る
  • 音に敏感で耳を塞ぐしぐさが目立つ
  • 突然のパニック、癇癪を起こす
  • モノが欲しい時は親の手を使って意思表示をする

3歳で自閉症の特徴の大半を行動していることと、視覚優位で社会を見つめていることが分かりますね。

 

3歳児の自閉症の子どもとコミュニケーションをとるには

3歳から自閉症の症状が確立しています。
自立課題をする際は、この頃から視覚優位を利用してイラストカードを使ってコミュニケーションを取るようにしています。

 

3歳の頃から療育をすると小学校に上がるまでは症状が落ち着く子どもが多く、最初が肝心であることを物語っています。

 

自閉症の子どもを育てるには家族と専門家の支援と周囲の理解。

 

家族だけで悩まないで、療育施設に通っている自閉症の家族とのコミュニティを作るなど孤立を防ぐことが必要です。

 

3歳児の自閉症はてんかんなどを併発するリスクが高く、睡眠障害など治療を受ける可能性もあります。

 

近年では、療育施設の自立課題の支援の拡大、研究による自閉症の新たな薬物治療の可能性など自閉症の子どもたちが住みやすい環境になりつつあります。

 

赤ちゃんの頃からスキンシップをよくするようにして、幸せホルモンの分泌をたくさん出せる状態にすることも自閉症のリスクを軽減する可能性もあるのです。

スポンサーリンク