自閉症の赤ちゃんの視力

自閉症の赤ちゃんの視力

自閉症の赤ちゃんの視力

自閉症の赤ちゃんは視力が悪いのか?

 

自閉症の人が目が悪いという情報は耳にしたことがありません。

 

絵画にしても細かいデッサン、立体感のある絵を得意とする自閉症のアーティストの作品を見ると、自閉症の人が目が良すぎるのではないかと思うほどです。

 

自閉症の赤ちゃんの視力について

自閉症の赤ちゃんが目が悪いという情報の要因には「目を合わせようとしない」ことから目が悪いのでは?と疑いを持たれる1つです。

 

生後2ヶ月から赤ちゃんの視力は発達していきます。

 

視力は発達していても脳の発達機能が乏しいだけで、目が合わないだけかもしれません。

 

ある研究では自閉症の赤ちゃんは一般の赤ちゃんより視力の発達が早すぎで見えすぎてきる可能性があるというのです。

 

視力が発達しすぎているため、物事の伝達機能の成長が追いついていないのです。

 

よって、目から入る情報と耳から入る情報が全くチグハグになる要因であるとが分かってきました。

 

周囲とのコミュケーション、言葉など発達が遅れてしまうのも、目に見えている情報をそのまま記憶するだけ記憶することに脳の力が集中してしまい、伝達機能が働かないという状態になっているということです。

 

見えないのも困るが見えすぎも困る

自閉症の赤ちゃんは一般の赤ちゃんより視力が良すぎる可能性があることが、人間の不器用さが伺えます。

 

人間は細胞分裂から成形されて生命活動していますが、遺伝子のちょっとした異常によりコミュケーションが取れない。人間関係がうまく築けないといった弊害を生み出すわけです。

 

本人の意思に反して・・・。

 

自閉症は今のところ完治ができないとされていますが、「赤ちゃんの視力」が自閉症と何らか結びついているなら、視力の見えすぎる範囲を一般の赤ちゃんが見えてる範囲に戻せる何かを開発されたら自閉症は完治するのか。

 

今後の研究に大きく影響されることだと思います。

スポンサーリンク