陣痛促進剤に使われるオキシトシンと自閉症との関係

陣痛促進剤に使われるオキシトシンと自閉症との関係

陣痛促進剤に使われるオキシトシンと自閉症との関係

自閉症の対人コミュケーションの向上と顔の表現の認知する力の向上で自閉症の人が生きやすいきっかけになるであろうと期待が高まっているオキシトシン。

 

オキシトシンが逆に自閉症を発症する率を上げているかもしれないというデータもあるのです。

 

陣痛促進剤と自閉症の関連性

オキシトシンは陣痛促進剤として使われることがあり、アメリカでは陣痛促進剤と自閉症の関連があると発表されているのです。

 

アメリカのノースカロライナ州では陣痛促進剤を使わず出産した赤ちゃんに比べて、出産促進剤を使って生まれた赤ちゃんは女性1.15倍・男性1.18倍の割合で自閉症になりやすいと判明。

 

それと同時な男性の方が自閉症になやすい傾向になると認められたのです。

 

リスクとして、子宮収縮による胎児の酸欠による脳性マヒや死産という事例が挙げられますが、その中に自閉症を含まれてること。

 

妊娠前はなるべく陣痛が自然にくるようにリラックスをしたり、ジャスミンティなどのハーブティーを飲むなどストレスをためないことが大切です。

 

あくまでもリスクの1つ

陣痛促進剤を使えば全ての赤ちゃんが自閉症になるわけではありません。
リスクの1つである可能性が高いということ。

 

陣痛促進剤を使うことで助かる小さな命があることも事実であり緊急時の時に必要であることも然り。

 

オキシトシンによる陣痛促進剤が自閉症につながることは研究で判明していますが、これが全て正しいか研究の段階にあります。

 

いろいろな要因が分かってきてた今日。
自閉症の情報が濫用しているためどの情報が正しいか不安になることもあるでしょう。

 

先天性脳機能障害がDNAの異常なのか、陣痛促進剤の影響なのかはグレーゾーンのままであり、今後の研究に期待したいところです。

スポンサーリンク