オキシトシンは自閉症の興奮を鎮める

オキシトシンは自閉症の興奮を鎮める

オキシトシンは自閉症の興奮を鎮める

オシキトシン通称「幸せホルモン」。

 

研究により自閉症の人が顔の表現を理解できる効果があると分かってきました。

 

幸せホルモンは恐怖心を軽減できる効果があるため、自閉症の特有の興奮を軽減する作用があるため薬物療法で使われることが多いのです。

 

オキシトシンで幸せをいっぱいにする

自閉症の特有の興奮は、声や音にすごく敏感でエコーのように聞こえると言われています。

 

敏感に察知することにより、急にパニックになったり興奮して奇声をあげてしまうのです。

 

オキシトシンの投与による実験では自閉症の特有の興奮を軽減する効果が出ており「幸せ」という感覚が興奮を抑えられると期待されていますが、ある実験では全く効果がないデータも存在することから、オキシトシンの投与は自閉症の人たち全てに効果があるわけでないという副作用があると疑っている専門医もいます。

 

オキシトシンの副作用とは

自閉症の特有の興奮を軽減する効果があるオキシトシンですが、1番危惧されていることは、どれくらいの分量を投与すれば興奮や伝達機能の活発化に結びつけるかはいまだに分からないまま。

 

そしてオキシトシンを投与することにより脳機能がさらに低下してしまうということ。

 

動物実験で、周囲に対して攻撃的な行動を起こすというデータもあるということ。

 

オキシトシンが自閉症に対して良いも悪いも周囲とのコミュケーションに影響があることは間違いないようです。

 

安易にオキシトシンを投与すれば自閉症は完治するという考えはいかに危険なのか、さまざな実験によって分かってきています。

 

自閉症の興奮などの症状が継続的に効果があるのか慎重に今後の研究の成果を見守り答えを出してほしいと願っています。

スポンサーリンク