オキシトシンは自閉症に効果的?

オキシトシンは自閉症に効果的?

オキシトシンは自閉症に効果的?

オキシトシンとは、9個のアミノ酸からなる「ペプチドホルモン」です。
通称「幸せホルモン」と呼ばれています。

 

オキシトシンの分泌により「幸せ」を感じることにより生活の中の不安や恐怖を軽減すると言われています。

 

出産時の女性はとくに影響があるとして注目されているのです。

 

そんなオキシトシンが自閉症に効果があるのではないかという考えが生まれていることをご存じでしたか。

 

社会の孤立の壁を越えるきっかけとなるか

自閉症は相手の顔の表情から相手が何を思っているのか分かりません。

 

そのため周囲から避けられ、社会から孤立してしまう可能性が高いのです。

 

社会の孤立から自閉症の人たちが社会に適応できるためにオシキトシンを投与して実験したことろ、映像をみて人の顔の表現を理解した回数が増える結果となりました。

 

また、顔の表現を理解できることから周囲との信頼関係が築きやすいという結果になったのです。

 

実験の成果からオキシトシンが、人の感情を認識する脳の機能が活発に動いている効果を立証されたのは世界初で、実験段階であり自閉症の治療薬として利用されるのはまだ先の話ですが、自閉症の治療として大きな一歩を歩みだしたことは間違いありません。

 

自閉症の人が抱えている社会から孤立という壁を越える可能性をオキシトシンは持っているということです。

 

自閉症の人による社会への自立へ

オキシトシンの投与により人の顔の表現が理解できれば周囲のコミュケーションが取れやすくなる効果は東京大学の研究発表によると「支持」ができるという結果が出ました。

 

オキシトシンの効果が確証されれば対人コミュケーションの障害の弊害が取れる日も近いことでしょう。

 

絵画、研究、エンジニアとして活躍している人も少なくありません。
ごく一般の企業でもっと多くの自閉症の人たちが活躍できるように今後の研究に期待しましょう。

スポンサーリンク