高機能自閉症 特徴 発達障害

高機能自閉症

高機能自閉症

高機能自閉症の多くは、3歳くらいまでに、(1)言葉の発達の遅れ (2)他者とのコミュニケーションの困難さ、社会生活への適応能力の乏しさ (3)特定の物への固執、こだわりという症状が現れますが知的障害を伴わないのが特徴です。現在は、1歳半〜3歳くらいまでの間の定期健診を通して発覚することが多くなりました。

 

自閉症スペクトラムと呼ばれ、高機能自閉症と似たような障害であるアスペルガー症候群は言葉の遅れがないことが特徴であり、同じく「発達障害」に分類されています。この、高機能自閉症の3つの特徴について以下で詳しく説明したいと思います。

 

言葉の発達の遅れ

幼少期は言葉の発達が同年代の子供と比べて遅いのが特徴です。成長するに連れて言葉は出てくるのですが、自分の興味の範囲でしか話さなかったり、相手の求めている事への返事がなかったりするのでキャッチボールにならないこともあります。また、言葉の本当の意味を理解することができず、手土産に「つまらないものです」と貰ったものを本当につまらないものだと受け止めてしまうようなこともあります。

 

人間関係、社会生活への適応能力の乏しさ

人に言って良いことと、言ってはいけないことの判断ができず、太っている人を見て、知り合いだろうが他人だろうが「太っているね」等と言うことがあります。本人には悪気はないのですが、相手の気持ちを理解することができません。その為、人間関係が上手くいかなくなることも少なくありません。それだけでなく、融通が利かなくてトラブルになることもあります。

 

特定の物への固執

例えば、電車やバスに乗るときは、決まった席にしか座らないという人や、人の誕生日や電話番号や歴史上の人物を完璧に覚えていることもあります。また、自分の興味のある車の名前、テレビ番組等についてはとことんこだわりを持ち、奥深くまで追求することもあります。

 

高機能自閉症

スポンサーリンク